コーヒー

ゴクンと美味しい飲料水|自販機メーカーの選び方

高い利便性

飲料

維持、管理、商品の補充など

日本は諸外国に比べ、圧倒的に自動販売機の数が多いと言われています。確かに、海外では、それほど自動販売機を街で見ることはありません。その違いには、防犯上の理由が大きいと言われています。日本は、治安がよく自販機内の金銭が略奪される事件が少ないのに加え、各自販機メーカーが防犯性の高い自販機を開発しています。そのため、事件などが発生するリスクを大幅に防いでいるのです。その自動販売機ですが、どこに設置するかということがポイントです。ある程度需要のあるところに設置することで利用者にも販売側もメリットを享受できます。空きスペースがあり、自動販売機を設置することで周辺の人の利便性が上がる場合、自販機メーカーなど専門業者に相談することが勧められます。空いているスペースの有効利用になり、なおかつ売り上げの一部が手数料収入になります。自動販売機の設置費用は基本的に無料で、電源を提供するだけです。つまり、電気代の負担だけで自動販売機を無料で設置してくれます。

自動販売機の設置を専門業者の負担で行ってもらえますが、そのあとの維持、管理や商品の補充などの日常業務についても、すべて業者側が行います。売り上げ報告についても、定期的に行ってくれますので、スペースを提供する側は電気代の負担と手数料の受取だけですから、大変便利です。スペースを提供する側が負担する電気代は、一月あたり3000円から5000円程度だと言われています。それ以外の補償金やリース代など金銭的な負担がないことから、土地の有効利用の一つだと言えます。仮に、設置場所付近に電源がない場合は、特殊な工事を除き、基本的な電気工事費用も業者側が負担してくれます。このように、ある程度の自動販売機の売り上げが見込める空きスペースがあれば、まず業者に相談することが勧められます。

遅くでも安心

笑顔の女性

最近では、まちなかのあらゆる場所で自販機が見られるようになりました。お店が閉店している時間帯でも稼働しているため、行動時間が夜遅い人でも安心して利用できるようになっているのです。

View Detail

安心体制

コーヒー

自販機は屋外でも屋内でも故障やトラブルは起きることがあります。ですが、設置を行なっている専門業者では何かあればすぐに対処してくれる体制が整っています。そのため安心して設置することが可能となっています。

View Detail

考える必要性

カップを持つ女性

自販機は単に設置しているからといって売上が期待出来るものではありません。利用者目線に立って考える必要があるので、設置場所や自販機に入れる商品はきちんと考えるようにしましょう。

View Detail