案内

ゴクンと美味しい飲料水|自販機メーカーの選び方

遅くでも安心

笑顔の女性

現在の自販機の実態は

道を歩いていると、様々なところで見かける自販機。最近では、ジュースやたばこなど一般的なもののほか、缶詰やお米や野菜、お菓子など食料が売られていたり、おもちゃが販売されていたりと内容もバラエティーに富んできています。自販機は基本的に、24時間いつでも利用することが可能です。夜中にお店が閉店していても、自販機は利用することができますのでとても便利です。最近では、冷房などの電気を節約しながら利用できる自販機も増えてきています。また、店先にある場合がほとんどですが、一般の住宅の前に設置しているところもあります。商店やスーパーなどだけでなく、一般の人でも自販機を設置することが可能なのです。場所によっては売り上げが見込めるので、第二の収入源になる可能性もあるでしょう。

設置するための準備は

では、実際に自販機を設置するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的なジュースの自販機の場合、初期費用の負担は無く、メーカーに依頼すれば設置してもらえます。毎月かかる費用としては、電気代が挙げられます。これは月に3000円から4000円はかかるでしょう。売上げについては、メーカーとの話し合いによって異なります。一般的には売価を決め、一本あたりの利益をメーカーから報酬として受け取る形になります。売価を決める際、定価で販売するのか少し安い価格にして販売するのかによって、利益も変わってきます。人通りが多いところで売り上げが見込めるのなら、定価より安く設定した方が数が多く売れる場合がありますので、設置場所などを考慮しつつ、業者とよく話し合いをして決めると良いでしょう。