案内

ゴクンと美味しい飲料水|自販機メーカーの選び方

考える必要性

カップを持つ女性

商品を販売するのであれば、利益を上げるための対策が必要になります。これは自販機の設置の場合も同様で、人通りが少ないところや、利用者が少ないところに設置したとしても売上が望めません。反対に電気代だけがかさんでしまいます。それでは自販機を設置している意味がなくなってしまうので、設置場所も考慮する必要があります。主にいいとされているのが企業や商業施設が密集している地域です。ここなら多くの人の出入りがあるので、自販機の利用者も必然的に増えることになります。また他の設置場所として適しているのが学校です。学校も毎日といっていいほど人がいる場所であり、かつ利用者が生徒と教師だけでなく、外部の人もいます。そのため設置場所として向いているのです。

この自販機を設置するときには、設置場所をどこにするのかの検討も大切ですが、どんな商品を入れるのかもきちんと考えましょう。なぜなら場所がどんなに良くても、入れている商品が偏っていたり、その場所にそぐわない場合だったりすると売上が減少してしまうからです。もし企業や商業施設近くであれば、コーヒーや清涼飲料水などを半々で入れておくといいでしょう。また学校であれば少し清涼飲料水を多めにするという方法もあります。ただ学校でも大学や専門学校など学校の種類に応じても変化させる必要があります。自販機の設置のときには、どの場所にどういった年齢層の人が通って、利用する確率が高いのかを意識することがとても重要になってきます。